治療説明
白い歯で輝く笑顔
歯はどうして変色する?

歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています。肌の白さが人によって違うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります。茶渋やタバコのヤニ、歯垢など歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで本来の白さを取り戻すことができます。しかし、歯の内側から変色した場合には、ハミガキやクリーニングで白くすることはできません。
whit.jpg

tabako.jpgshibou.jpgzikan.jpgkusuri.jpg
コーヒー・赤ワイン・タバコなど、色素の濃いものを日常的に摂取することで変色する。むし歯などで神経が死んでしまった。または、金属のつめものによって変色を起こす。
歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けて見える変色。
幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常や遺伝性疾患などが原因で起こる変色。

ホワイトニングってどういうもの?


プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解させる方法なので、歯を削らずに“自然な白さ”を得ることができます。
アメリカでは大変ポピュラーな方法ですが、近年日本でもホワイトニングを行うための薬剤が厚生労働省で認可されたことにより、ホワイトニングを希望される方が増えてきました。




ホワイトニング(ホームホワイトニング)

お口の中の型をとり、専用のマウスピースを作成します。マウスピースに薬剤を塗り毎日装着することで、2〜3週間かけて歯を白くしていきます。

◆メリット
・毎日好きな時間に、自分のペースで行える
・時間をかける分、後戻りが少ない

◆デメリット
・効果が現れるまでに時間がかかる


hw_img02.jpg

スマイルキャンペーン 上下各10,800円